横浜地下鉄・柳宗理の壁画

サイトを見ていて見つけた懐かしい写真。20代お世話になった柳先生の事務所での最後の仕事、石膏原型作りその完成現場写真でした。

今から45年近くも昔の事。当時画期的な事業であった横浜地下鉄。その設計デザインチームの一翼をなす財団法人柳工業デザイン研究会が設計した地下鉄空間デザインの数々。関東ではまだ姿を見せていない自動改札機・サイン型立体券売機・ドームシェルタータイプFRP製キオスク・奥行の少ない対面型ホームで活躍するサポーターと称する立ち居型ベンチ・ホーム用ベンチ・島式ホームで邪魔にならないホーム埋込型消火栓及びホース収納などなど・・これらの設計及び施工監理が終わった最後の先生の仕事がこの壁画でした。

原案は先生が学生時代作成された写真コラージュ。A4大のもの。作業写真奥の壁ケースに貼ってあるものがそれ。この平面を拡大立体化する仕事でした。但し顔だけはお前ではダメだとやらせてもらえませんでした。